『シンガーソングライター』と『歌手』の意味の違いを解説

violin-1460756_1280
スポンサードリンク

歌番組を見ていて、『シンガーソングライター』と『歌手』、どちらも耳にすることがある言葉です。

この二つ、実は違いがあることをご存知でしょうか。ここでは、歌を歌うアーティストであるにもかかわらず、異なる二つの言葉をご紹介します。

『シンガーソングライター』

2
  • 意味:特に大衆音楽において、自ら書いた歌を自ら歌う人のこと
  • 使い方:作曲だけでなく作詞も行うシンガーソングライター

『シンガーソングライター』は、自分自身が歌う曲を作詞作曲する割合が高い歌手です。

クラシック等では使われず、主にポピュラーソングにおいて使われる言葉です。ちなみに、中には作詞だけを自分で行い、作曲はプロに任せるという歌い手もいますが、こちらは『シンガーソングライター』とは呼ばれません。

 

また、たまに自分の歌を作詞作曲するものの、ほとんどをプロに任せているという人にも使われません。他の歌手のために作詞作曲をすることが多くても、自分用には作らない人も同じです。

一方、曲だけは自分で作り、歌詞を外注する場合、あるいはすべてではないものの、自分用の曲のほとんどを作詞作曲(もしくは作曲のみ)を行っている人の場合には、やはり『シンガーソングライター』と呼ばれています。

『歌手』

1
  • 意味:歌をうたうことを職業とする人
  • 使い方:有名な作詞家や作曲家に恵まれた歌手

『歌手』というのは、歌を歌うことを専門の職業にしている人です。作詞作曲を誰が行っていたとしても、歌を歌って収入を得ている人ですので、『シンガーソングライター』も広い意味での『歌手』であるといえます。

楽曲においては、大きく分けて作詞者、作曲者、演奏者、歌手が必要になってきますが、中にはこれらの複数の作業を兼任して曲作りをしている人がいます。

 

それらの人を特に区別するため、『シンガーソングライター』や『ミュージシャン』という言い方で呼ばれています。いずれもポピュラーミュージックを対象としており、民謡や演歌ではあまり言われません。

しかし、歌の担当になっている人は、他にどのような作業をしていたとしても『歌手』であることには間違いありません

『シンガーソングライター』と『歌手』以外にも…

mic-1132528_1280

音楽関係や芸術関係の職業を表現する言葉としては、このほかにもいくつかの呼び名があります。

『ミュージシャン』

作曲や演奏をする人のことを指します。演奏をしながら歌う人もこう呼びます。ある意味、『シンガーソングライター』も『ミュージシャン』です。

『ボーカリスト』

『歌手』とほぼ同じ意味で、歌い手のことです。バンドなどでボーカルと呼ばれることもありますが、意味はいずれも同じです。

『シンガーソングライター』や『ミュージシャン』も、歌を歌いながら他の作業をしているという意味では、『ボーカリスト』の中に含まれています。

『アーティスト』

音楽に限らず芸術的な活動をしている人を指していますので、『ミュージシャン』、『ボーカリスト』などの他に、画家や彫刻家、デザイナーなども含まれていることになります。

まとめ

いかがでしょうか。似たような言葉が多くて混乱してしまいがちな音楽関係の言葉も、実際にはいろいろな区別があるということがわかります。

  • 『シンガーソングライター』・・・自分が歌う曲のほとんどを作曲する歌手
  • 『歌手』・・・歌を歌う人

これらの言葉の違いについてあまり気にしていなかった人も、これからはお気に入りのアーティストがどのジャンルに入るのか、注意してみてはいかがでしょうか。

 

今では複数の作業を担当しているアーティストも増えていますので、単なる歌手ではなく、いろいろな呼び方になることがわかるでしょう。

違いが分かるようになったら、今まで何気なく聞いていた音楽も、本人が作詞や作曲をしていたのか、演奏にもずいぶん貢献していたのかなど、より興味を持って聴くことができるようになります。豆知識として周囲にも披露してみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です