どこが違うの?『早い』と『速い』の意味の違いと使い分け

4
スポンサードリンク

“はやい” という日本語には『早い』と『速い』がありますが、「あれ?どっちを使えば良いのだろう?」と迷ってしまうことありますよね?

そこで今回は、『早い』と『速い』の意味の違いと使い分け方の例を解説していきます。『早い』と『速い』を使う分けるときの参考にどうぞ!

『早い』

bsKAZU886_hinodetomachi
  • 意味 :物事を始めたり終わったりする時期や時刻が前であること
  • 使い方:時期が早い、起きるのが早い

『早い』は、「物事を始めたり終わったりする時期や時刻が前であること」を意味します。もしくは、「朝のまだはやいとき」「物事を急いで行う様子」といった意味でも使われます。つまり、『早い』=「時間的にはやいこと」を指します。

「早朝」「早退」「早帰り」「早寝」「早番」「早口」「梅雨入りが早い」「あきらめるのはまだ早い」「気が早い」…などという風に使われます。

『速い』

bsTSU893_saisoku
  • 意味 :一定の距離を動くのに(もしくは一定の行為をするのに)要する時間が少ないこと
  • 使い方:決断が速い、球が速い

『速い』は、「一定の距離を動くのに(もしくは一定の行為をするのに)要する時間が少ないこと」を意味します。または、単に「速さ・スピード」の意味で使うこともあります。つまり、『速い』=「スピード(動作)がはやいこと」です。

『速』を使った漢字には、「速度」「時速」「速攻」「快速」「返事が速い」「足が速い」…などがあります。

『早い』と『速い』の使い分け

『早い』と『速い』の意味を確認したら、どのように使い分けるのかを実際に確認していきましょう。以下のような具体例で確認すると、『早い』と『速い』の違いがよくわかりますよ。

『早い電車』と『速い電車』

bsPP_yamanotesenshibuya
  • 早い電車・・・朝早く出る電車
  • 速い電車・・・快速や特急などのスピードの出る電車

『早い電車』は始発などの朝早く出る電車、『速い電車』は快速や特急などのスピードの出る電車のことを指します。

『食べるのが早い』と『食べるのが速い』

bsCKL_hakumaiumai
  • 食べるのが早い・・・食べる時間が早い
  • 食べるのが速い・・・食べる速度が速い

『食べるのが早い』は、「まだ夕方5時だけど、もう夜ごはん食べたの?早いね。」「煮込んで5分しか経っていないから食べるにはまだ早いよ。」というように、時間的に早い時に使います。

『食べるのが速い』は、「この量を5分で食べたの?速いね。」などのように、スピードが速い時に使います。

『仕事が早い』と『仕事が速い』

bsPAK82_yaritenoonnakacyou20140125
  • 仕事が早い・・・納期より前に仕事が終わる
  • 仕事が速い・・・仕事スピードが速い(納期は関係ない)

例えば、10000文字のコラムを執筆する仕事があるとします。『仕事が早い』は締め切り日より前に仕事が終わること、『仕事が速い』は執筆スピードが速いことを指します。

まとめ

以上、今回は『早い』と『速い』の意味の違いと使い分け方の例を解説しました。

  • 『早い』・・・時間的なはやさ
  • 『速い』・・・動作的なはやさ

違いをはっきりと理解できましたか?これを機会に正しい “はやい” を日常生活に活かしていってみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です