ズワイガニ・タラバガニ・毛ガニの値段や味の違い【まとめ】

22
スポンサードリンク

日本で最も多く消費されているカニといえば、「ズワイガニ」「タラバガニ」「毛ガニ」ですよね!そこで今回は、それぞれのカニの値段や味の違い・おすすめの食べ方についてまとめてみました。カニを選ぶときの参考にどうぞ!

photo by Odyssey

ズワイガニ

スクリーンショット 2015-11-14 午後3.11.10
  • 価格  :基本的にタラバより安い
  • 旬   :10月~5月
  • 味の特徴:カニ独特の甘み
  • おすすめの食べ方:かにしゃぶ・茹でガニ

ズワイガニは「越前がに」や「松葉がに」などのブランド蟹が有名ですが、基本的に三大カニの中で一番お安くお買い求めいただけます。

カニ本来の甘みや旨みが味わえることから、生のままのしゃぶしゃぶや茹でガニで贅沢に食すのがおすすめです。一年間に水揚げされる量も三大カニの中では一番多く、流通が多く手に入りやすいのも特徴です。

タラバガニ

スクリーンショット 2015-11-14 午後3.11.22
  • 価格  :基本的にズワイより高い
  • 旬   :4月~5月 / 11月~2月
  • 味の特徴:身が分厚く食べ応えがある
  • おすすめの食べ方: カニ鍋・焼きガニ

「カニを思う存分食べたい」「プリップリのカニ身を豪快にかぶりつきたい」というときにおすすめなのがタラバガニ。

タラバガニは実はカニではなくヤドカリの仲間なのですが…「カニの王様」と呼ばれるほどボリューム満点でぎっしり詰まった身はとても食べ応えがあり、家族で鍋を囲めば取り合いになるほど人気のカニです。

値段は基本的にズワイガニよりも高くつくことが多いです。味は淡白なので、生食よりはカニ鍋や焼きガニなど火をしっかり通す食べ方がおすすめです。

毛ガニ

スクリーンショット 2015-11-15 午前2.36.45
  • 価格  :基本的にズワイ・タラバよりも高い
  • 旬   :12月~2月 / 4月~7月
  • 味の特徴:ぎっしり詰まった身と濃厚なみそ
  • おすすめの食べ方:塩茹で・蒸しガニ

一年間の水揚げ量が少ないことから、三大カニの中で一番値段がかかる印象です。毛ガニの特徴はなんといっても濃厚なカニ味噌。身の量はズワイガニやタラバガニに劣りますが、濃厚なカニ味噌と身のハーモニーは、カニ通も唸らせるほど人気です。

「身も食べたいけど濃厚なカニ味噌も堪能したい」という時にぴったりです。塩茹でや蒸しガニなど、カニ本来の味をそのまま味わう食べ方がおすすめ。希少で高級なイメージがあるため、ギフトや贈り物にも喜ばれます。

新鮮なカニを思う存分食べたい…!

かに本舗

自宅で思う存分カニを楽しみたいなら、通販がお得で便利です。新鮮なカニをスーパーよりも安いお値段で購入できますよ。

新鮮で高品質な「ずわいがに」「たらばがに」「毛がに」を扱っている『かに本舗』さんは、ネットショップ大賞グルメ部門で5年連続1位に選ばれ、毎年500トンものカニを日本全国のご家庭に届けてくれています。

一番人気の「大ずわい満足セット2kg」は “税込9,800円” で代引き手数料・送料ともに無料。WEB会員限定でキャッシュバックもあります。

食べやすく丁寧にカット済みなので、”そのままお鍋にドボン” するだけで調理できるところも人気の秘密。見た目も豪華なオリジナル化粧箱入りなので、お歳暮やギフトにも最適です。

▶️かに本舗

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です