“いがい”と間違いが多い『意外』と『以外』の違いと使い分け

14
スポンサードリンク

“いがい”と間違えることの多い、『意外』と『以外』の意味の違いと使い分けを例を交えながら解説します。(ちなみに、この文の “いがい” は 『意外』が正解です)

『意外』

bsDI_IMG_5783
  • 意味 :予想もしなかったこと。思いのほか。
  • 使い方:意外な結末、意外とおいしい

「予想外」と同じ意味で、反対語は『当然』です。”意外” という漢字から見ても想像できるように、「意外 = 意識の外」で想像もしなかったことが起こった時に使われます。英語では、「unexpected(予想外の)」と同じ意味です。

意外に頭良いんだね!」「こんなことが起こるなんて意外だった。」「意外と簡単な問題が出題された」といった使われ方をします。

『以外』

bsN112_cyekusuru_1
  • 意味 :それを除いたほか(のもの)、ある範囲の外側
  • 使い方:関係者以外立入禁止、飲み物以外は持ち込みOK

「〜を除いて」「範囲外」と同じ意味で、反対語は『以内』です。英語では「except(〜を除いて)」と同じ意味です。

「この前の期末テスト、数学以外は点数取れたよ。」「赤以外のシャツはありますか?」「ラーメン以外で食べたいものは?」といった使われ方をします。

『意外』と『以外』を使った表現の例

『意外』と『以外』の両方が使われた例文を2つ紹介します。

①アフロの芸人さんは私以外にも意外と多くいるもんだね。

  • 私以外・・・私を除いて、私のほかにも
  • 意外と多くいる・・・思ったよりも多くいる、想像してたより人数が多い

②「お肉はレバー以外なら何でも食べます」「意外だね!」

  • レバー以外・・・レバーを除いて(レバーだけ食べれない)
  • 意外だね!・・・予想外!(他のお肉も食べれないと思った。もしくは逆に、レバーでも食べれると思った)

まとめ

このブログは意外と面白いですか?
それとも、このブログ以外が面白いですか?

ぜひ、使い分けの参考にしてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です