11月22日 関ジャニの仕分け∞ カラオケで高得点を出すコツ9個

4
スポンサードリンク

11/22 (土) 18:56 ~ 20:54放送の
「関ジャニの仕分け∞ 2時間スペシャル」では
「カラオケ特典対決 華原朋美 4番勝負」と称しまして、

2012年に奇跡の復活を遂げた
“平成のシンデレラ・華原朋美”が
保田圭/Tama/木山裕策/塩ノ谷早耶香
の4人のゲストと対決する姿が放送されました。

そこで今回は、
カラオケでの対決に役立つ
【カラオケで高得点を出すコツ】
をいくつか紹介したいと思います( ´ ▽ ` )ノ

歌に自信がなくても大丈夫!カラオケで高得点を出すコツ

①準備運動をする

m010392

何事にも準備運動は大切です。

歌手・ボイストレーナーなどの
歌のスペシャリストたちはほぼ例外なく、
全身を使って歌っています。

しっかりとした声が出せるように
首や肩を伸ばしたり、腰を回したりなど
まずはしっかりと準備運動をしましょう。

口だけでなく、全身を使って
声を出すということが大事です( ´ ▽ ` )ノ

②マイクを正しく持つ

microphone-29191_640

マイクにも正しい持ち方があります。
マイクは基本まっすぐ持ち、
手はマイクの下部分を持ちましょう。

マイクの上の方を持ちすぎたり、
マイクに口を近づけすぎたりしないように
注意が必要です( ´ ▽ ` )ノ

③機器の設定をする

カラオケで高得点を出すためには
機器の設定にもコツがあります。

それは、エコーを切るということです。
エコーが強いと機械がスピーカーなどの音も
ひろってしまうため雑音が入りやすいです。

また上記と同じ理由で
ボリュームも全体的に落とした方がいいです。

④メロディに忠実に

music-277278_640

カラオケで高得点を出すためには、
教科書を忠実に再現する必要が有ります。

ここでいう教科書とは
ガイドメロディです。

CDとは違った音程やリズムに
なっていることもあるので

ガイドメロディの方の音程やリズムを
しっかりと再現しましょう。

よく歌手のライブなどでは、
リズムを変えて歌ったりと
アレンジして歌われることもありますが、

カラオケで高得点を取るには
アレンジは必要ありません。

アレンジはむしろ減点となるということを
覚えておきましょう( ´ ▽ ` )ノ

⑤抑揚をつける

sing-14659_640

歌をうまく歌うためには、
「表現力」が必要ですが、
わざと感情を込めてゆっくり歌ったり、
しゃくりをいれたりする必要はありません。

【カラオケで高得点を狙う】という点に
おいてはそれはむしろ逆効果です。

ただ、抑揚をつけるのはとても重要です。
抑揚とは、声に強弱をつけることです。

基本的には、メロディ部分は小さく、
サビの部分を大きな声で歌うといいです。
これだけで抑揚ポイントがつきます。

マイクを近づけすぎていると、
ずっと大きな声で歌われていると
機械が反応することがあるので、

メロディ部分はマイクを遠ざける、
サビ部分はマイクを近づける
といった方法が効果的です( ´ ▽ ` )ノ

⑥簡単な曲を歌う

CD 関ジャニ∞ 2008 シングル 「ワッハッハー」 初回限定盤

そもそも、難易度の高い曲で
高得点を狙うのはとても難しいです。

ですので、点数の出しやすい
簡単な曲を選びましょう。

曲選びのコツとしては、
音域の狭い曲や、短い曲、
リズムがシンプルな曲などがいいでしょう。

⑦歌える曲を歌う

I'm proud(Radio Edit)

これも上の「簡単な曲を歌う」と
関係があるのですが、
ちゃんと歌える曲を選びましょう。

最低限その曲のメロディやリズム
は覚えたほうがいいです。

キーが高くて歌えない場合などは、
キーを調節しましょう。
(キーの変更による減点はありません)

⑧ビブラートを使う

【カラオケで高得点を出す】ためには、
絶対にビブラートを使ったほうがいいです。

カラオケの採点における
ビブラートの重要度はかなり高いです。

うまくできない場合は、
ビブラートをかけたい部分でマイクを上下に振る
という裏技もあります( ´ ▽ ` )ノ

⑨裏技を使う

BL002-koe-yo20140810500

「裏技」という言葉が出てきましたが、
カラオケで高得点を出すために
とっておきの裏技があります。

それは、「接待モード」を使うということです。
BB cyber DAMの「精密採点」では
採点ゲームを行う時の番号は[8000-01]なのですが、

これを[8000-02]に変えるだけで、
平均点がいつもより10点くらいあがる
「接待モード」に変えることができます。

いかがでしたか??

【カラオケで高得点を出すコツ】を簡単にまとめると、

・ガイドメロディに忠実に
・機器の効果的な使い方を覚える
・ビブラートなどの歌唱法を取り入れる
・裏技を使う

といった感じになります。

歌に自信がない人でも機器の使い方などは
簡単にできそうですよね( ´ ▽ ` )ノ

ぜひカラオケボックスでお試しになられてください♪
最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です