ホワイトデーのお返しエピソードまとめ!【がっかり残念編】

55
スポンサードリンク

ホワイトデーのがっかりエピソード
をネットの声を中心にまとめてみました。

女性が残念だと感じるホワイトデーの
お返しは以下の6つです。

  1. 他の人と同じ
  2. 明らかに安い
  3. 使えない
  4. センスが悪い
  5. お返しなし
  6. 下着

もしホワイトデーに義理・本命問わず
誰かにお返しを考えている場合、
うっかりこのようになっていないか
今一度確認してみてください^^

1. 他の人と同じ

バレンタインデーに気合いを入れて
プレゼントしたのに、お返しが
他の人と同じでがっかりした・・・

こういうことはよくあります^^;

また、個別でプレゼントしたのに
お返しが「みんなで分けてね!」
的なものだと残念に思う女性が多いみたいですね。

2. 明らかに安い

「自分があげたプレゼントより明らかに安い・・・」こう感じた時、
女性はがっかりしてしまいます。

個人的にはプレゼントに値段は
あまり関係ないと思うのですが、
最低限のマナーは必要だと考えます。

お返しは3倍返しが基本と
どこかの記事で見かけましたが・・・

1000円のプレゼントに対して
最低でも3000円のものを用意する
必要は決してありません。

500円のお返しでも
メッセージカードを添えたり
ラッピングを可愛くしたりして
相手が喜ぶような演出をしましょう。

◆仲間4~5人でお金を出しあってバレンタインデーにチョコを配りました。
確か一人500円くらいのチョコだったと思います。
で、私たちの一人負担は1500~2000円くらい。

ホワイトデーには皆さん大きな箱入りのチョコやクッキーの詰め合わせを皆で分けなさい、
という感じで下さいました。
(小包装じゃなかったのでラップで包んで持ち帰りました・笑)

その中でがっかりなお返しが。
キャラメルコーン1袋とそれと似た大きさのお菓子1袋。
4~5人いて2袋のお返しです。
1人1袋ですらなかったです。
しかももう14日だというのにパッケージが雛祭り仕様。
…安かったんですかね?

◆まだ結婚していた頃の話です。
ある年のバレンタインに妻がくれたのは『ガーナ』という板チョコでした。
『何これ?』と聞くと『だって、この前あなた「やっぱりガーナが一番うめぇよな」って食べてたじゃん』と言われてガッカリ…
付き合ってた頃は手作りチョコが当たり前だったのに(>_<)

[出典:yahoo!知恵袋]

3. 使えない

「こんなもの貰っても使えない」
「これはいつ使ったらいいの?」

商品自体は悪くないのだけれど、
相手の趣味と合わないものや
使いどころに困るものは
贈らない方が良さそうです。

例えば、ぬいぐるみに興味がない人に
大きなぬいぐるみを渡しても
おそらく迷惑だと思います・・・

ぬいぐるみ自体がどんなにかわいくて
人気の商品であっても、
使えなければ意味がありませんよね。

◆趣味じゃないものは、例えハンカチでも使いません。
こだわりの強い彼女の場合は、消えものが無難か、
一緒に買いに行くことをおすすめします。

[出典:yahoo!知恵袋]

4. センスが悪い

服やスカーフ、ハンカチなど
ファッション系のものを贈るときは
本当に喜んでもらえるものかどうか
確認した方が良いです。

大人っぽいスタイルを好む女性に
お姫様スタイルの服をあげても
多分着てもらえないと思います・・・

自分のセンスに自信のない時は、
思い切って相手に何が欲しいか
聞いてみましょう!

「センス悪い・・・がっかり」
と思われるよりは良いはずです^^;

◆申し訳ないですが、あまり嬉しくなかったのは手作りの七宝焼きのペンダント。
手作りは嬉しかったのですが、私はあまり喜ぶ事はできませんでした。
冷たいと母親や友達に言われましたが。
あとホワイトデーにいただいた手作りのビスコッティのお菓子。
気持ちは本当にたくさんこもっていましたが、
お菓子がかたすすぎて、私の歯がかけそうになりました。

◆ちょっと高級感のあるものが嬉しいです。
センスに自信の無い場合は、消えものが嬉しいです。

[出典:yahoo!知恵袋]

5. お返しなし

センスが悪い、使えないと言う以前に
そもそもお返しがない!という場合は
当たり前ですが女性をがっかりさせてしまいます。

ある調査では、ホワイトデーのお返し
には特に期待していないという女性が
多くいましたが、個人的には
「そんなはずはない」と思います。

「期待していない」と言いつつも
多少の期待はしていると思いますし
良いものを貰ったら嬉しいはずです。

また、人としてのマナーも
問われかねないですよね^^;

たとえ義理チョコであっても
お返しは準備した方が良さそうです。

6. 下着

もうすでに彼氏・彼女の関係で、
彼女が欲しがっているものがある・・
という場合は良いですが、

まだ曖昧な関係の時は
下着のプレゼントは絶対に
やめておきましょう・・・

たとえウケ狙いだったとしても
ドン引きされる可能性があります。

◆バレンタイン用にお菓子を作っていたら
年上の友達にご飯に誘われ、ついでにってことで
義理用のチョコを渡しました。
そしたら、ホワイトデー・・一緒の飲み会で送迎したら
模造のバラ10本と大量のピンクの傘をいただきました。
(蛍光ピンクの傘で束ねるとお花みたいでしょ?って・・・)

正直いりません・・・がありがとうといいました。
するとこの模造のバラなにかわかる?っていわれ
何何?と答えると私の腰を指でつんつん突っついてきて
パンツって・・・・・。

ぞくってしました。

[出典:yahoo!知恵袋]

まとめ

以上今回は、ホワイトデーのお返しで
女性ががっかり・残念したものを
エピソードを交えて6つ紹介しました。

1. 他の人と同じ
2. 明らかに安い
3. 使えない
4. センスが悪い
5. お返しなし
6. 下着

相手の立場になって考えると
これらががっかりされるのは
当たり前のような気がしますが、
いざ当事者になってみると
中々気付けないんですよね・・・

相手に喜んでもらうには、
単純にこれらと逆のものを
用意してあげれば良いです。

詳しくはこちらの記事で紹介して
いるので参考にしてみてください。

▶︎ホワイトデーのお返しエピソードまとめ!【超嬉しかった編】

1年に1度のホワイトデー。

バレンタインデーのお返しを
女性に喜んでもらうためにも
相手に合ったものをチョイスしてみて下さいね〜

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です