これでバッチリ!新歓で自己紹介をする時に役立つネタ集!

新歓

大学の新歓では多くの人の前で
自己紹介をする機会が出てきます。

自己紹介は、
その人の第一印象を左右する
とても大事なシーンです。

自分のことをしっかりと
みんなに知ってもらうために
自己紹介はバッチリしたいですよね。

ということで今回は、
新歓で自己紹介をする時におすすめの
ネタを紹介したいと思います。

  • 基本的なネタ
  • 自分を印象付けるネタ
  • 笑いを誘うネタ

自己紹介の時の参考にどうぞ!

スポンサードリンク

基本的なネタ

自己紹介をする時はまず
自分の基本情報を紹介します。

・名前
・出身地
・学部

新歓で自己紹介をする時は、
この3つは必須項目です。

緊張のあまり、
声が小さくなりすぎたり
早口になりすぎないように
気をつけましょう。

みんなが聞き取りやすいように
はっきりと自己紹介をすることで
フレンドリーな印象を与えることができます。

テンションを上げすぎてしまうと
空回りすることがあるので、
気をつけてくださいね。;

自分を印象付けるネタ

自己紹介をする時に上で紹介した
基本的なネタのみだったら、
うまく相手の印象に残りません。

また、自己紹介があっさりすぎると
「新歓を楽しんでいないのかな?」
と思われることもあります。

ですので新歓で自己紹介をする時は
上の3つに加えて、

・あだ名(ニックネーム)
・趣味・特技
・休日の過ごし方

などを盛り込んであげると、
興味を惹きつけることができます。

フルネームよりもあだ名の方が
他の人も呼びやすいので、
自分のことを覚えてもらいやすくなります。

また「料理」などの趣味があると
同じ趣味を持った人が関心を持ってくれやすく
その後の会話を弾ませることができます。

あまりに長々と熱く語ってしまったり
マニアックすぎる話題だと、
場がしらけてしまう可能性もある
ので気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

笑いを誘うネタ

・鉄板のネタを持っている
・強烈なインパクトを残したい
・面白い人と思われたい

このような時には、
笑いを誘うネタを自己紹介に
盛り込むのもアリです。

モノマネや声マネなど、
自分の中で自信のある
鉄板ネタを披露してみましょう。

ただ、まだ仲が深まっていない
自己紹介の段階でウケ狙いに走ると
大やけどの可能性もあるので
個人的にはおすすめしません。

もしすべって失敗してしまうと
とても恥ずかしいですし、
場の空気も気まずくなってしまいます・・・

自己紹介で笑いを誘う時は、
流行りの芸人をネタするよりは
クスッと笑えるような自虐的な
ネタの方が好感を持ってもらいやすいです。

例えば、
「昨日、道に迷ってしまいました」
「まだバイトが見つかりません」
といった具合ですね。

まとめ

以上今回は、大学の新歓・飲み会で
自己紹介をする時に
おすすめのネタを紹介しました。

・基本的なネタ
・自分を印象付けるネタ
・笑いを誘うネタ

今回紹介したネタは新歓だけでなく
パーティーや合コンなどあらゆる
場面で応用が利きます。

自己紹介がスムーズにできると
相手の印象に残りやすく、
好感も持たれやすくなります。

是非覚えてみて下さいね〜

スポンサードリンク