知らないとコワい!『怖い』と『恐い』の意味の違いと使い分け

hiding-1209131_1280
スポンサードリンク

普段、大して意識せずに口にしている”こわい”という言葉。

書き言葉での『怖い』と『恐い』……どちらを使えばいいのか迷った末に、平仮名で済ませてしまった経験はありませんか?

この二つの漢字は類義語ですが、ニュアンスには微妙な違いがあります。

そこで今回は『怖い』と『恐い』の使い分けについて解説していきます。どのように”こわい”のか、はっきりと書き分けたい時の参考にどうぞ。”

『怖い』

blue-1593878_1280
  • 意味:何かに迫られたり打たれたりして、びくびくと不安になる。心が布のように薄く感じられ、ひやひや、どきどきする
  • 使い方:「お化けを怖がる」、「先が見えず、怖い」、「怖い映像」など。

「怖怖(怖々)」と書いて「おずおず」あるいは「おどおど」と読み、不安や怯えが生じている心の状態を表します。

つまり、物理的な脅威というよりもむしろ、見えないものや雰囲気、実体を伴わないものごとが迫りくるような状況に感じる「漠然とした不安や怯え」を表す際によく使われるのが『怖い』という漢字です

「恐怖」・「畏怖」はそれぞれ「恐ろしいと感じ、おののくこと」・「畏(おそ)れおののくこと」を意味し、どちらも、似た意味を持つ漢字を二つ重ねて作られた熟語です。

この二つの熟語の意味からも、『怖い』という漢字が「おののく、怖気(おじけ)づく」といった心境の説明を担っていることがうかがえます。

『恐い』

person-812821_1280
  • 意味:相手の力が強いために、おそろしいと感じる。不安になる。驚く。まだ起こっていない結果について、ひょっとしたらこうなる(悪い結果になる)のではないかと心配する。
  • 使い方:「恐い敵」、「犬が(咬み付いてくるのではないか、吠えるのではないかと思い)恐い」、「崖崩れが恐い」など。

この漢字がよく使われるのは、物理的な脅威や、予期される好ましくない未来について述べる場合です

常用漢字ではないため、新聞やニュースのテロップなどで用いられることはありませんが、より現実的かつ物理的な”おそれ”を端的に表現することが可能なため、こちらの『恐い』という字が敢えて使われている文芸作品は多々あります。

「戦戦兢兢(せんせんきょうきょう)」の「兢」(緊張してびくびくするさま)という字の代わりに『恐』をあてることも多く、このことからも、『恐い』がより逼迫した状況を示す漢字であることがうかがえます。

『怖い』と『恐い』の使い分けの例

halloween-1001677_1280

『怖い』と『恐い』の違いはずばり、常用漢字であるか、そうでないか、です。

漢字本来の意味としては『怖い』が「迫ってくる(物理的でない)何かに心がびくびくする様子」、『恐い』が「対峙するものの(物理的な)力の強さをおそれる様子」を表し、ニュアンスが微妙に違っています。

しかし現代の日本語においては、本来『恐い』としていたような事例についても『怖い』という漢字が使われていることが殆どで、そもそもこの二つは同義語ですから、どちらを使っても「絶対に間違い」ということにはなりません。

 

きちんと使い分けたい、少し知的な文章を書きたい、という場合には、

  • 『怖い』……「目に見えないもの、抽象的なもの」によってもたらされる「不安」
  • 『恐い』……「力、具体的な脅威、予期される未来」によってもたらされる「おそれ、不安」

というように両者を区別すると便利です。

まとめ

今回は、『怖い』と『恐い』の使い分けについて解説しました。

この二つは、よく似た意味を持ちながら微妙にニュアンスの異なる漢字です。漢字辞典によっては、全く同じ解説を載せているものもありますから、厳密に「この場合にはこちらを使う」といった100%正解の使い分けがあるわけではありません。

 

使い分けに迷った時には、

  • お化け(実体が無い、抽象的なもの)→『怖い』
  • 敵、崖崩れ(実体がある、具体的なもの)→『恐い』

と考えて判断するようにしましょう。

 

一般的に使われている現代の日本語では、実体があり、具体的なものに対して『怖い』と書いても間違いにはなりませんから、どちらか分からない場合やどちらとも言えない場合には、『怖い』あるいは平仮名で『こわい』と書いてしまった方が無難ともいえます。

どちらの漢字が使われているかに着目して文芸作品などを読むと、これまでとはまた違った味わい方で楽しめそうですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です